交差点とテグレトール

テグレトールは後頭葉に働きかける?作用機序とは

てんかんと言えば、脳に異常な興奮が起きることで発作が発生する病気です。突然意識を失ったり、身体が勝手に痙攣してしまうなど様々な症状が現れます。この発作を予防するために、一般的にテグレトールというNaチャネル阻害薬の一種が使用されます。

そもそも脳は、後頭葉など各部位で発せられた電気信号が神経細胞を正常に伝わることで、生命活動を維持したり手足を動かしたりしています。この電気信号はNa+やCa2+、Cl-などの様々なイオンによって引き起こされます。通常、人間の細胞内にはマイナスを帯びたイオンが存在しているのですが、Na+などプラスを帯びたイオンが侵入してくるとそれに刺激を受けて全てがプラスイオンへと変化してしまうことがあります。この変化が大きなきっかけとなって、脳の神経細胞が異常な興奮を起こしてしまうことがあるのです。てんかんはこういった異常な興奮によって発作が発生するため、このメカニズムを抑えることであるていど症状を予防できるようになります。Na+イオンは、Naチャネルという物質を通過することで他の細胞内へ侵入してきます。テグレトールはこのNaチャネルを阻害し、細胞内がプラスイオンに変化すること防いで異常な電気刺激や興奮を抑え、てんかん発作を抑えるという作用機序になっています。

このような薬は、医師の指示に従って毎日きちんと服用することが大切です。服用していれば長期間発作が起きないことも多いのですが、これを治癒したと自己判断して薬を飲むのを止めてしまうと、その後は高い確率で発作が再発するようになります。車の運転中などに発作が再発すると非常に危険なため、医師の指示を守らずに薬を止めるようなことは絶対に避けましょう。