交差点とテグレトール

専門医を見つけ、テグレトールと食事でてんかんを防ぐ

テグレトールは、Naチャネル阻害薬に分類される抗てんかん薬です。
てんかん以外にも、躁状態や三叉神経痛を改善するためにも使われています。
てんかん発作は電気信号が関わっていて、神経細胞で電気刺激が起こることで興奮が伝わるようになっています。
電気の発生に関係しているのがイオンです。
興奮はプラスの電荷を帯びたNa+、Ca2+、抑制はマイナスの電荷を帯びたCl-が関与しています。プラスが興奮、マイナスが抑制です。
細胞内は普段はマイナスの電荷を帯びていますが、刺激によって細胞内はプラスの電荷に転換する場合があります。Na+イオンなどのプラス電荷のイオンが流入して興奮状態になります。てんかんはこの状態が突発的に起きて異常な電気信号によりてんかん発作を起こしてしまいます。
テグレトールは、Na+の輸送体であるNaチャネルを阻害して、興奮が起こらないようにしててんかん発作を予防します。
これは薬による予防法ですが、これ以外にもケトン食という特殊な食事を続けることで、てんかんの症状が改善したという症例もあります。
ケトン食は、高脂肪で糖質を徹底的に排除した食事方法です。医師によっては少量の糖質ならOKとする人もいます。脂肪が分解されるとケトン体という物質が生成され、これにより難治性てんかんを改善させる食事療法です。
有効率が高いと言われているのは、点頭てんかん(ウエスト症候群)、ミオクロニー失立発作てんかん、などですが、あらゆる発作に効く可能性があると言われています。
ケトン食については情報が少ないので、気になる場合には専門医に相談してみるといいでしょう。日本てんかん学会のサイトで専門医の一覧と勤務先を確認することができます。