交差点とテグレトール

テグレトールを常備薬として購入したい場合

古くから抗てんかん薬として利用されているテグレトール。このテグレトールはてんかん患者の強い味方ですが、現在ではてんかんだけでなく、躁うつ病や三叉神経痛の治療にもこのテグレトールが利用されています。気分を落ち着かせる効果が高いので、精神的に不安定な人には非常に役に立つ薬です。テグレトールを利用したい場合は、医療機関を受診して処方してもらうことになります。ただ医療機関へ通うとなると、時間の制約もあり仕事が忙しい人などには不便なこともあります。そこで時間や手間をかけることなくテグレトールを常備しておきたい場合は、インターネットから購入できる薬の通販サイトなどを利用するといいでしょう。テグレトールは発売からかなりの期間が経過しているので、薬の値段も安くなっています。医療機関を受診すると薬代だけでなく診察料金も支払わなければいけないので、節約のことを考えても通販サイトの利用は非常に適しています。薬の通販サイトは購入方法も簡単です。一般的なネット通販と同じような感覚で、スムーズに薬を購入することが可能です。テグレトールのようにメジャーな薬はどの通販サイトでも取り扱われていますので、すぐに見つけることもできるでしょう。ただし薬を通販で購入する場合は、その薬を服用して起きた結果についても自己責任となります。テグレトールをはじめ薬には副作用があったり、ほかの薬と併用すると危険な場合もありますので、その点については注意が必要です。通販サイト内には副作用などの情報についても紹介されていますので、それらをきちんと確かめてから購入することが大切です。もちろん用法や用量をしっかり守るのは言うまでもないでしょう。なお通販サイトの中には悪質な業者も散見されていますので、信頼と実績の確かな業者を利用することが重要です。

テグレトールにはどんな副作用があるのか

抗てんかん薬として長い歴史を持つテグレトール。てんかんだけでなく、躁うつ病や三叉神経痛にも効果があるため、多くの人がその薬効の恩恵にあずかっています。テグレトールには脳内の興奮を抑える作用があり、てんかんの発作を抑制してくれるほか、気分を落ち着かせる働きがあります。非常に効果の高いテグレトールですが、ほかの薬と同じようにいくつかの副作用も存在します。主な副作用としては頭痛、吐き気、倦怠感、腹痛などです。基本的には安全な薬ですが、体質によってはひどい副作用が発生することもあります。発疹や発熱などがでてしまうこともありますので、そのような症状が出た場合は早めに医師の診断を仰ぐようにしましょう。副作用の症状に自分では気が付いていないこともありますので、定期的に医療機関を訪れて医師の診察を受けることも必要です。薬の量を調節すれば副作用を抑えることができる場合もありますので、上記に記したような症状以外にも気になる症状を感じている場合は、気兼ねすることなく医師に相談してみましょう。なおテグレトールはほかの薬以外にも食品によって副作用を起こしてしまうことがあります。特にグレープフルーツがもたらす症状は有名です。ジュースも含め、グレープフルーツが含まれている食品は、テグレトールを服用している期間中は摂取することを避けることが必要です。グレープフルーツ以外にも文旦やダイダイ、スウィーティーなどでも同じような症状を起こすことが報告されていますので、これらの食品の摂取は慎んでおきましょう。なお心臓疾患や肝疾患、腎臓疾患、血液に関する疾患などを患っている人は、すでに服用している薬とテグレトールとの相性が悪いことがあります。何らかの持病を持っている人がテグレトールを利用する場合は、必ず医師に相談することが必要です。

テグレトールを服用する際に注意すべき飲み合わせ

てんかん治療薬のテグレトールを服用する時にはグレープフルーツジュースを飲む事は避ける必要があります。どうしてグレープフルーツジュースが良くないのかというと、薬の効果を高め過ぎてしまうからです。小腸の粘膜にはCYP3A4と呼ばれる酵素が存在していて、この酵素がテグレトールを体内に吸収する際に分解されています。薬は成分の含有量をコントロールしていないと作用が強すぎて副作用が強く出たり、あるいは逆に少なすぎれば十分な効果を得られない事もあります。普段はCYP3A4という酵素の働きも考慮した上で成分の濃度が調整されているのですが、グレープフルーツジュースを飲むとCYP3A4の働きを阻害してしまって正常な状態よりも薬の血中濃度が高まってしまう事になるのです。また、CYP3A4は小腸だけでは無く肝臓にも存在している酵素であり、テグレトールの濃度が高まると酵素の働きが活発化するので毛中濃度が安定しにくくなってしまうという問題もあります。グレープフルーツジュースを飲むとテグレトールに影響を直接与えるのはあくまでも小腸で吸収される時のみであり、肝臓で代謝される際については直接的にはグレープフルーツジュースが影響しているわけでは無いです。なお、グレープフルーツジュースを一緒に飲まなければ良いという話もありますが、その影響は長時間に及ぶので薬を服用している間は飲むのを避けておくべきです。また、グレープフルーツジュース以外でも同様の効果がある柑橘系の果物であれば避ける必要があります。例えば、スウィーティーや夏ミカンなどには気をつける必要がありますが、一方でレモンやカボスなどは影響が少なく、柑橘系全般が良くないという訳では無いです。